satotsuのいろいろつくってみた日記

いろいろつくってみたあれこれの記録。

アームクローラーにツインモーターギヤーボックスつけてみた。

アームクローラー工作セットの説明書に、ツインモーターギヤーボックスと2チャンネルリモコンボックスつけて、リモコン操縦に変えてみようってあったのでやってみた。

 

これは表。標準なのでスイッチがついてる。

f:id:msatotsu:20170828212642j:image

 

これは裏。標準のギヤボックスなのでモーターと電池は1つずつ。

f:id:msatotsu:20170828212726j:image

 

これをツインモーターギヤボックスに取り替え。

f:id:msatotsu:20170828213019j:image

 

単純に2倍の速さになるのかと思ったら、前と変わらない。。ん。。

落ち着いて考えればわかるけど、別にモーター2個になっても速くなるわけない。トルクは2倍だろうけど。

 

ちなみにリモコンボックスは、ブルドーザーから拝借した。

f:id:msatotsu:20170828213344j:image 

 

そしてこのブルドーザーよりアームクローラーはめっちゃ遅い。

それもそのはず、ギア比が全然違った!!

 

ブルドーザーはBタイプなので、58:1。

アームクローラーはCタイプなので、203:1。

 

3倍以上違う!!

 

なので、アームクローラーはAタイプにしたら普通に速くなりそう。

(AとBはギヤ比同じでシャフトの高さが違う。)

ネジ穴がないからちょっと考えないと。。

あー、ギヤボックスがシャフト支えてくれるから大丈夫か。

→Aタイプにしたら速くなったものの、履帯を伸ばさないといけなくなって、10を外して8を2個つけたら長すぎででろんでろんになった。

ベース車をブルドーザーにしたアームクローラーにした方がいいかも。

 

あと、アームクローラーがうるさいのは、ギアがカタカタとM4シャフトに当たってるからかな。。取っちゃうか。

→取っても変わらなかった。。

 

モータシールドめも

モータドライブシールド。adafruit互換。

シールドは基板化されてるので配線気にしなくて良いのが楽だよね。

www.aitendo.com

 

電源周りの回路図。推奨はジャンパーを外して、モータは別電源で。

https://cdn-learn.adafruit.com/assets/assets/000/001/897/medium640/adafruit_products_mshielddiag.png?1396777234

 

本家ボード(adafruit)の写真。DCモータなら4つまでつなげられるよ。

https://cdn-learn.adafruit.com/assets/assets/000/001/854/medium640/adafruit_products_DC_Motor_Ports.gif?1447864310

DCモータの動かし方は、ここから。すごい簡単。

Using DC Motors | Adafruit Motor Shield | Adafruit Learning System

ライブラリはここから。でも普通にarduino IDEからダウンロードできたような。

v2じゃないことに注意。

Overview | Adafruit Motor Shield | Adafruit Learning System

 

この後、DCモータをいろんなチャンネルにつないでみたら、ch1だけ動かない。。

arduinoからモータシールドまでは問題ない。

L293Dからモータまでも大丈夫。

んー、と、L293Dを交換してみたら動いた。

 

どうやら初期不良だったっぽい。aitendoさん、交換してくれた。

ちなみに使っているポートは下記の通り。(adafruitのFAQより。)

Digital pin 2, and 13 are not used.

The following pins are in use only if the DC/Stepper noted is in use:
Digital pin 11: DC Motor #1 / Stepper #1 (activation/speed control)
Digital pin 3: DC Motor #2 / Stepper #1 (activation/speed control)
Digital pin 5: DC Motor #3 / Stepper #2 (activation/speed control)
Digital pin 6: DC Motor #4 / Stepper #2 (activation/speed control)

The following pins are in use if any DC/steppers are used
Digital pin 4, 7, 8 and 12 are used to drive the DC/Stepper motors via the 74HC595 serial-to-parallel latch

The following pins are used only if that particular servo is in use:
Digitals pin 9: Servo #1 control
Digital pin 10: Servo #2 control

 

そしてやっぱりモータシールド経由だとパワーも速度も出ない。

L293Dの出力が最大600mAなのに、モータがたぶん2Aくらい欲しがってる。

dutyをMAXにした瞬間、電圧がだだ下がってる。モータを外部電源にしたのに。

そもそも部品選定間違ってるな。。

タミヤ カムプログラムロボット工作セット

タミヤから出た、カムプログラムロボット工作セット。

8/12発売なのに、もう売り切れてるし!!

http://www.tamiya.com/japan/products/70227/top.jpg

カムプログラムロボット工作セット

 

なにがすごいって、まずこの価格。税込みで3500円以下!

プログラムがプログラムバー(レゴみたいなの)でできる!

しかもArduinoとか、RaspberryPiとか、IchigoJamも搭載できる!

 

なんだこれ。なんでこの値段でこんな面白いおもちゃが。

 

なんか他のパーツと組み合わせたら、ラジコンにもなるとか。

http://www.tamiya.com/japan/products/70227/70227_flyer.pdf

 

再販はよ!!

LEGO WeDo

最近、子ども向けのプログラミング教室とか増えてきてる。

そこで使われてるのが、例えばこのLEGO WeDo。教材だけでも市販されてた。

 

www.ev-3.net

マインドストームより半額くらいの3万円。海外通販だともうちょっと安く買える。

何より良いのが、iPadでプログラミングできるところ。

言語はGUIのオリジナル?(Scratchよりも使いやすそう?)

iPadだと無料でダウンロードできた。

1万円ちょっとになれば欲しいんだけどなぁ。

 

電子工作だけじゃなくて、LEGOと組合せっていうのがミソだと思う。

LINEスタンプ作ってみたメモ。2017.7.14

以前になんとなくLINEスタンプ作ってみたら、子どもたちが食いついて。

40個(当時は40個じゃないとダメと思ってた。)仕上げて審査へ。

5日ほどで審査通ったのでリリースしてみた。

store.line.me

絵はiPadのmedibang paintで。サイズをスタンプのサイズにするよう注意。

メディバンペイント for iPad | メディバンペイント(MediBang Paint)

で、それを透過pngに変換してカメラロールにおいて、dropboxに一旦入れて。

PCからLINE CREATERにアップして。超めんどい。

 

ちなみにアプリがあって、これ使ったらスマホで一瞬でできる。超簡単。

いまから作るなら断然こっちの方がいい。写真もつかえるし。

creator.line.me

Minecraftで楽しく学べる Pythonプログラミング

Minecraftで楽しく学べる Pythonプログラミング。
http://amzn.to/2sNbSsC

 

MinecraftPythonもどっちも気になってたところ。ちょうどいい本をゲット。

書評とまでは行かないけど、やってみたこと、思ったことなど雑多にレビュー。


まず最初は当然ながら、いろいろインストールしたり、環境変数いじったりするのでこういうの初めての人はちょっと敷居高いかも。
スーパーハカーの人は大丈夫。そしてうちはマカーなので環境変数はいらない。
viはめんどくさいので、テキストはnanoで編集するのがおすすめ。

本日発売の初版なので、誤字とか結構あるけどそこはご愛嬌で。Mojangも個人的にはモヤンと読んでほしいかも。
サンプルプログラムはここからダウンロードできる。
http://www.sotechsha.co.jp/sp/1165/index.html

サンプルプログラムはフォルダでわかりやすく配置されてるけど、
動かしたい時はプログラム自体をmcpipyフォルダ直下に置かないと動かないのでキヲツケロ。
ひょっとしたらライブラリにpath通したら動くのかもだけど、気にしない。

そして、なんとか動かして、スーパーフラットな空中に突如現れたシャルロッテ
右奥に見えるのはサンプルのもの。動作はちょっと重たかったけど、無事できたよ。

デジタル時計とかも作れるみたいなので、またいつかやってみる。
マイクラ世界でリアルタイムに建築されていくのはなんか素敵。
DNN組んだら異世界出来るかも。

plotclockつくってみたメモ。

arduinoつかってなんか動かしたいなーと。

せっかくなら動くものでインパクトあるやつを探す。
ロボットの腕で字を書くplotclockっていうのが良さそう。
https://www.facebook.com/linksprite/videos/650989331717681/

2自由度でx,y動かすのだから出来て当たり前だけど、そんなことはみんな突っ込まないはず。

参考にしたのはこことか。
http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-498.html

まずはサーボの動作確認。サーボは秋月のsg-90。1個400円のを3個。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08761/

とりあえずブレッドボードでつなげる。
電流が心配なので、電源はスマホのバッテリーを使ってます。2A流せるし安心。

そのつぎに腕の動きを確認。まだ腕ができてないのでとりあえずストローで。
箱の中に見えるのが作ってる途中の腕。ねじがなかったので、プラネジとナットを発注中。
M3で12mmあれば問題ないよ。

で、こちらが書けるようになった様子。ブレッドボードは止めて、サーボシールドにしました。
500円でつなげるのがキレイになるのでおすすめ。
書いたのを消せるようにしたいけど、もうやりきった感があるのでここまでかも。